情報化の渦の中でも大事なのは人との繋がりです。


デリヘルで働いてくれる女の子を募集するには、一般的には高収入求人誌やネットによる求人媒体を利用します。
最近は特にスマホなどのモバイルサイトによる求人が有効のようです。
しかし、それはどの風俗店でもやっていることであって、簡単にレベルの高い女の子がたくさん集められれば、誰だってこの商売で儲けることができます。
しかし、現実はそんなに甘くはないのです。
これだけデリヘル店が増えてくると、現在は完全な女の子の売り手市場です。
そこで、ここでは違う視点で求人戦略を考えてみましょう。
性風俗でも一般の風俗でも、どこも求人で苦労しているお店は多く、いい女の子を入店させるにはもちろんコストもかかります。
女の子の立場からしても、気軽に風俗の世界に身を投げているものではありません。
それなりのハードルの高さがあって、さらにやむにやまれない事情も雇用する側は十分に考慮しなくてはいけないのです。
ですから、風俗求人誌やサイトの風俗求人情報の他にもどうすれば、質の高い女の子を集めることができるのかを考えないといけないのです。
正攻法でデリヘル嬢を求めています、などといった求人でも問い合わせはあるかもしれません。
時給は一時間サービス料の半額というのは相場ですから、それは他店との比較になります。
女の子に支払う人件費は後で下げることはできませんから、できるだけ最初は抑えたいところですが、他店との比較になってしまうと、そこはまた悩ましい問題になってしまいます。
時給を1万円以上に設定すれば、おそらく問い合わせの電話がたくさんくるでしょう。
しかし、1時間のサービス料金を2万円に設定すると、よほど質のよい女の子を揃えないとお客さんは利用してくれません。基本的にプレイ料金が60分2万円というのは高級店にも匹敵する値付けなのです。
ここで、サービス料金を1万5千円にすると、店側の取り分は7千5百円ですから、トントンか赤字になってしまうでしょう。
以上のことから、デリヘル嬢に支払う時給は、サービス料との兼ね合いで慎重に考えないといけません。
大事なのはサービス料から、女性に渡すお金と店の取り分は「折半」という原則です。
この部分だけは崩してはいけないのです。
デリヘル嬢の募集は、募集をかければすぐに集まるものではないことは容易に理解できます。
しかし集めないと仕事になりませんから、正攻法ではたちまち競争の波の中で溺れてしまうでしょう。
そこで他店とは違った募集の仕方の一例を紹介してみましょう。
例えば都会を中心に、エステや、アロマセラピー、リラクゼーションなどの様々なスクールが乱立しています。
そこに通学している女性にアルバイトとして働いてもらうという募集方法なのです。
女性たちからすれば、決して安くはない学費の足しになりますし、それ以上に小遣い稼ぎにもなるからです。
自分がスクールに通って、スクール内で人脈を作って「こんなバイトがあるんだけど・・」といって、口コミを仕掛けられるかどうかもポイントになります。
街角を歩いている女性をスカウトする方法も、昔からの手法なのですが、有効であることも実証されています。
商売を始める際に大事なのは、「人・物・金」とよくいわれます。
現在はそれに「情報」が加わるのですが、やはり、ここでも人脈はおろそかにできません。
なぜなら、人脈こそが有益な情報でお金、物をもたらしてくれるきっかけになるからです。

デリヘルの情報があつまるサイト


デリヘルシティ
http://dl-city.net/
こちらはデリヘルの情報がもれなく集まる、情報収集にはもってこいの素晴らしいサイトです。
サイト名にkobe、すなわち「神戸」が含まれている当サイトですので、せっかくですから神戸エリアを閲覧してみましょう。
デリヘルシティ・神戸
こういった神戸エリアをみてみると、神戸にはこのような店があるということが一目瞭然です。
他の店の在籍人数、価格帯、オプションなどまるわかりですね。

風俗店の新着情報

特上出来心

【OPEN~

ラストまで】


75分 10,300円-


90分 12,800円-


120分 18,000円-


入会金・パネル指名・ホテル代すべて込みです。

※合言葉≪出来心・新体制♪≫と受付時に
お伝え下さい♪

※イベントで遊ばれる方はポイントカードとの
併用は出来かねますのでご了承下さいね。

※本指名で遊ばれるお客様は本指名
イベントをご覧下さい。

※女性との甘い瞬間を快適にすごしませんか・・?
料金500円UPで、グレードUPのお部屋をご案内できます♪

※受付は『ネオハイツ202号室』ですよ(v^ー゚)